ルル師のRPプレイ日記=俺の屍を越えてゆけ編(PSP版)=
mibukawa.exblog.jp
近代ゲームの語り部です。 PSソフト"俺屍"ブログ、リセット禁止でやってました。11/11/24より、PSP版俺屍プレイ日記始めました。今度は5年もかからなければいいな、と思います。
ブログパーツ
カテゴリ
=荒神橋家私書箱=
最新の記事
初めましての方へ/トップ
at 2014-12-31 17:42
1019年12月前編
at 2012-10-30 09:02
貞光とほたる
at 2012-09-09 04:59
1019年11月第9編
at 2012-09-03 07:56
1019年11月第8編
at 2012-09-01 11:49
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
1018年 5月- 6月

<交神の儀>

 広い壬生川家に壬生川一族がたった一人

 ぽつーん

玄「す、隙間風が……」
 室内なのにびゅうびゅうと風がなだれ込む、そんな雰囲気に途方に暮れる玄輝
玄「え、ええい、交神の儀だ、子孫繁栄だ!」
 ちなみに平均寿命2才というと、ネズミとほぼ同程度ということになる壬生川家
 つまり、飢え死がないにせよ、ネズミばりのスピードで子供を産まないと滅亡してしまう計算に!
 
 というわけで、早くも壬生川家滅亡の危機に、今月は子作りに励むと決めた玄輝
 ファミレスのメニューのような神様一覧表と、お家の奉納点を見比べる
イ「どの神様と交わるか、迷ったら時間が惜しいです」
玄「いやでも、これだけいるとなぁ」
 うーんと腕組みする
イ「この際、顔で決めちゃいましょ!」
玄「よしじゃあ顔で決めるかっヽ(゚∀゚)ノ」

玄「よしじゃあ、水母のくららさんだ」
 言われた通り顔で決める玄輝
 水色の髪に、伝来した陶磁器のような肌、奥ゆかしそうな瞳が色っぽい、神様美人だ
イ「おしとやかな方が好みなんですね!」

 水母のくらら「はい、承りました…
 
 サービス業じゃないんだから、と思いつつも口には出さない
 というわけで、あっという間に交神の儀は終わり……

イ「お子様に会えるのは、今から1ヶ月後ですから」
玄「なるほど、ガチャガチャみたいにポンと出てくるわけではないのか」
イ「いや一応神様もご出産ありますからw」
[PR]
by RuLushi | 2005-07-08 00:26