ルル師のRPプレイ日記=俺の屍を越えてゆけ編(PSP版)=
mibukawa.exblog.jp
近代ゲームの語り部です。 PSソフト"俺屍"ブログ、リセット禁止でやってました。11/11/24より、PSP版俺屍プレイ日記始めました。今度は5年もかからなければいいな、と思います。
ブログパーツ
カテゴリ
=荒神橋家私書箱=
最新の記事
初めましての方へ/トップ
at 2014-12-31 17:42
1019年12月前編
at 2012-10-30 09:02
貞光とほたる
at 2012-09-09 04:59
1019年11月第9編
at 2012-09-03 07:56
1019年11月第8編
at 2012-09-01 11:49
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
1019年11月第6編
 
 
 その槍はしかし、真琴ではなくすぐ近くにいた晴海を狙ったものだった。
 晴海は槍を半身で避ける。背筋が凍りつくような圧力に震えながらも、視線は外さない。突きからの払いを、さらにくぐってやり過ごす。そうして、吠えた。

晴「そんなものが当たるかよ! もっとよく見て狙ってこい! 晴海はここだぞ!」

 拙い挑発だ。自分に攻撃を引き寄せようとしているのが、真琴にもわかる。それでも、猿の注意は晴海に注がれた。
 そうしている間に、福助の併せは不発に終わる。牽の術法が間に合わなかったのだ。

福「牽!」
牽「悪い! 今度は僕が行く!」
 
 牽が叫び、術力を高めてゆく。赤い神気が彼の体に集まってゆく。
 今度こそ、と福助も再び<花乱火>を詠おうとして――

晴「福!」

 叫ばれるまでもなく、わかっている。眼前には石猿の槍が迫っていた。
 あまりにも迂闊だった。福助は術に集中しすぎていた。もっとも、そうでなかったとしても避けられる自信はなかったが――
 腹を、突き破られる。
 福助の視界が真っ赤に染まった。
 

 腹部からは血が滴り落ちていた。
 巽ノ陣羽織が、布切れのように穿たれていた。
 
福「こいつぁ……真琴さんには、キツいだろうね……」
 
 つぶやきの途中で、福助は吐血した。急激に体から体温が失われているのが自覚できた。気を失わないでいられるのは、地獄のような苦痛のおかげだ。
 おびただしい量の血を流す福助に、晴海の<お雫>が飛ぶ。
 やはり併せは間に合わない。

牽「ええい、なら僕ひとりでも!」
 
 牽の放った<花乱火>は、今度は石猿の顔面に着弾した。
 それが決め手だった。
 巨体を震わせながら大鬼は膝をついた。そのまま、前のめりに倒れてゆく。
 
福「瀕死、だったのか……?」
 
 それであの威力だ。福助の身の毛がよだつ。
 橋の上で猿は実体を失い、霧となって溶けてゆく。
 
 荒神橋一族は、見事に石猿田衛門を撃破した。
 苦しい戦いだった。





 真琴はようやく落ち着いてきたようだ。涙を拭って、立ち上がる。

真「ウチ、やっぱり……」
 
 もうだめだ、と言おうとしたところだ。
 晴海が頭を下げた。

晴「ごめん、真琴。やっぱり、晴海が<円子>を覚えられなかったからだ」
 
 えっ、と真琴が晴海を見る。

晴「晴海がもっとうまく回復術を使えたら、みんなを安心させられたのに」
福「……それは、今言っても仕方のないことだよ」
牽「そうそう。倒せたんだし、いいじゃないか。ちょっと重い攻撃を食らったぐらいで、真琴もメソメソするなよな」
真「……し、してませんし」
 
 真琴が牽を半眼で睨む。
 一族最年少の少女が弱音を吐こうとしていたのは、その場にいる全員が感じ取っていたことだ。だが、それを聞いたところで、彼女を休ませるわけにはいかないのだ。
 父親として牽もまた、真琴を甘やかせることはできないだろう。
 鈍感を装うか、憎まれる父でいるか。

福(お前も、意外と損な役回りだったんだな……牽……)
 
 足がふらつくような疲労感の中で、福助は思う。
 真琴の士気は最低だ。あとはもう、意地しかないはずだ。彼女の涙を見て、晴海の心も折れかけてしまった。

福(そして、僕たちも……)
 
 今の敵には、虎の子の<花乱火>の併せが二度も失敗してしまった。自分たちの速度が鬼に追いつけていないのだ。
 それに、晴海ひとりの回復術ではもう間に合わなくなってしまうかもしれない。だとしたら、自分たちのどちらかが<お雫>に回れば、もうそれだけで併せ戦術は崩壊してしまう。
 自分はそうでもない。だが、牽にはショックだったろう。
 
 朱点閣へと続く橋の上で、四人は途方に暮れる。
 帰還すらも視野に入れるべきかもしれない。福助は発言すべきかどうか迷っていた。
 
福(もちろんそうなれば、都からやってきた武士たちは皆、犬死だ……でも、だとしても……僕は、この三人を死なせるわけには……だけど……きっと、耐えられない……その事実に、三人が……)
 
 到底そんなことは、聞き入れられないだろう。
 今必要なのは、たったひとりで完結する破壊力だった。福助の視線は、意識せずに真琴に向いていた。
 単体で、仇の鬼を撃ち倒すほどの痛撃。
 
福(でも、僕は言えるか……? この女の子に、“命を削ってでも戦え”と……?)
 
 自分を慕ってくれる4ヶ月才の姪に?

 福助は歯を食いしばる。
 ひどいことだ。わかっている。それでも誰かが言わなくてはならないのだとしたら、それは自分の役目だ。
 
晴「真琴」
 
 先に口を開かれた。
 まただ。
 決断が遅いから、いつでも誰かに先を越されてしまう。
 だが、今回ばかりは、そう。彼女の言葉を借りるのなら、“譲れない”。
 福助は神妙な顔をしていた晴海を手で制した。

福「真琴さん、次の戦いは、きみの“連弾弓”が要となるだろう。射てるね?」
真「でも」
 
 その第一声に怖気づいてしまいそうになる。
 真琴は明らかに恐れていた。

真「ウチが鬼を倒すなんて、そんな、福助サンだってウチの戦いっぷりを見ていたじゃないですか……ウチ、防御しかしてませんでしたよ……」
福「きみはよくやっている」
真「雑魚ならいくらでも相手にします! でも、あんな、あんなの無理ですよ! それを、ウチがなんて!」
福「真琴さんにしかできないんだ」
真「ウチには無理です! そんなことをする前に、死んじゃいますよ!」
 
 真琴は左腕を抑えていた。石猿に斬られたところはもう完治している。だが、そこにはきっと、恐怖という名の傷が残っている。
 癒しの術では治せないものがあるように。
 言葉ではきっと、彼女に届かない。

福「僕が守る」
 
 だから福助は、正面から真琴を抱きしめた。
 突然の抱擁に、その場にいた誰もが目を丸くする。
 
福「きみが鬼の首を取るそのときまで、きみの命は僕が保証する。必ず、だ。もしかしたら少し痛い目に合うかもしれない。さっきみたいに。だけど、きみは何の心配もしないで、矢を射ってくれ。それ以外の全ては、僕がやる。だから」

 真琴の細い体に少しでもこの覚悟が伝わるように、と願いながら。
 福助は強く彼女を抱きしめていた。
 腕の中から、わずかな抵抗。

真「……はなして、ください」

 その言葉とともに、福助は手を離す。真琴はまるで猫のように飛び退いた。頬が赤い。

真「今時の子は、そんなので騙されたりしませんからね。春野鈴女母サンは言ってましたよ。朴訥な男が突然甘い言葉を囁いてきたら、それは決断のときだって。肩透かしを食わせるか委ねるか、それは相手をよく見てしっかり判断しなさいって」
福「……それで、どっちかな」
 
 福助は両手を掲げたまま、視線を外す。今更になって、羞恥心が湧く。
 罪状を読み上げられるような気持ちで待つ。真琴がまくし立ててくる。

真「無理です。福助サンじゃ、無理です。<お雫>を使うにしたって、水の技もそんなに高くないじゃないですか。だから、無理です。ウチを守り切れません」
福「……」
 
 まったくその通り。
 お手上げ、の態勢のまま福助は目を閉じた。
 たまに慣れないことをすれば、これだ。この結果だ。我ながら、らしい。泣きそうだ。
 
 今度は、晴海が真琴を後ろから抱きしめた。

晴「だったら、晴海もだ。晴海も真琴を守る。それならどうだ?」
真「ど、どうってなにがですか! ちょっと、離れてくださいよ!」

 後ろからの不意打ちだった。真琴が身をよじるものの、晴海はがっちりと掴んで離さない。

晴「真琴だけじゃないぜ。牽だって、福助だって、守り切ってみせる。確かに<円子>はないけどな、その代わりに晴海には身のこなしがあるんだ。次の戦いは、晴海がひとりで前列に立つ」
福「それは――」
 
 福助が言葉を失う。
 確かにそれなら、福助がひとり前に立つより全体の被害は少なくなるかもしれない。だが、そんなことは考えもしなかった。当主を危険に晒すなんてことは。
 もがく真琴に抱きつきながらも、晴海の目は真剣だった。

晴「反対しても、晴海はやるぜ。決めたんだ。全身全霊を尽くすって」
真「ウチはまだ誰もやるなんて言ってませんけど!」
晴「そうでもしないと、きっと勝てないだろ? それに、晴海が倒れたらみんなは真っ先に逃げれるし、それなら来月だって挑める」
 
 とても許容できるような策ではない。常道ではない。
 だが、倫理的な面を除外して考えれば――決して悪くない案だ。現に先ほども、晴海は唯一、石猿田衛門の槍を避けている。

 珍しく、牽は積極的に参加の意を示さなかった。

牽「……僕は、構わないよ。晴海ちゃんも真琴も、それでいいなら、ね」
晴「決まりだな」
真「なにも決まってませんけど!」
 
 真琴はまだ晴海に捕らわれている。根負けするのも時間の問題だろう。
 命を賭けて勇気を振り絞る覚悟が、“観念して”決まるというのも、ある意味我が家らしい話か。
 ふたりから離れて、福助はため息をつく。

 突然牽に蹴られた。姿勢が揺らぐほど強く。冗談にしては過ぎる。さすがに驚いた

福「……い、いきなりなにをするんだ、牽」
牽「……」
 
 福助の横を通り過ぎた牽は、こちらに背中を向けていて、その表情が見えない。
 真琴を抱きしめたことに、腹を立てているのだろうか。そこまで過保護だったとは思わなかった。
 謝ったほうがいいだろうか、と迷っている最中。牽がつぶやく。

牽「お前、死ぬつもりだったんだな」
福「……うん?」
牽「最近ずっと悲観的じゃないな、って思っていたんだ。いつでもビクビクしていたお前がだよ。変だろ、妙に達観しててさ。僕たちを白骨城に見送った咲也兄さんと同じ顔していたよ」
福「……」
 
 福助は頭をかく。
 背を向けたまま、牽。

牽「いつもバカやっていると思うなよ。許さないからな」

 やはり、謝るべきだろう。

福「悪いな、兄貴」
牽「……ああ」
 
 牽は振り返り、笑う。

牽「生きて帰るぞ、福助」
福「ああ」
 


 残る敵は、朱点童子、ただひとり。
 もはや荒神橋一族の道を妨げるものは、どこにもいない。
 意気揚々、気炎万丈。
 そしてついに彼らは、朱点閣へと足を踏み入れる。
 
 石畳を行き、青い炎の揺らめく場内を進む。 
 空気は腐臭のようによどんでいて、まるで身体にまとわりつくようだ。振り払いながら、先へ行く。
 暗闇の中から、声がする。


  「待っていたぜェ……」

 その主こそ、
 荒神橋一族の、悲願――

 朱点童子
 
 
[PR]
by RuLushi | 2012-08-23 00:09 | 三代目当主・晴海